« 秋田水石同好会展 | トップページ | 『'82 北の詩集』 »

2017年9月22日 (金)

第2回ピッタの会(矢代レイ氏主催)

『川を釣る』の詩人、矢代レイ氏主催の第2回ピッタの会(詩の勉強会)が、9月20日(水)、あきた文学資料館にて、講師に成田豊人氏を迎え、行われた。
演題は「田中冬二、寺山修司、谷川俊太郎について少し」。
小生(写真担当)は、仕事で最初と最後しか、参加できなかったが、活発な意見交換がなされたとのこと。

当日の資料によれば、田中冬二は五年間、秋田で暮らしたとあった。

《1896年、父親の転勤(安田銀行秋田支店開設の任)で福島市から秋田市に一家で移る。1901年、父親過労で急逝し、一家は上京する。約五年間秋田での生活。》



_igp4058web

 

« 秋田水石同好会展 | トップページ | 『'82 北の詩集』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1872965/71783660

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回ピッタの会(矢代レイ氏主催):

« 秋田水石同好会展 | トップページ | 『'82 北の詩集』 »